リップグロスでキスしたくなる唇に!?LCのキス専用美容液”Nule Nule”

スポンサードサーチ

冬はもちろん、夏は紫外線で唇は乾燥しがち。
そこでおススメしたいのが、キス力応援コスメとして注目されている、キス専用美容液<ヌレヌレ>です。

<ヌレヌレ>という商品名と使用目的にインパクトがあって面白いですね。
男性が嫌うのはカサカサ乾燥唇。塗っている間だけでなく、何もつけていない時でも潤いのあるぷるぷる唇にする…のがこの商品のコンセプトだそうです。

<ヌレヌレ>は、単なるリップグロスではありません。

気になる主成分に、
✓唇へのトリートメント成分がある「マキシリップ」
✓しっとりと自分色を引き出す「ローヤルゼリー」
✓潤いのある唇に保つ「ダイズ油」
✓紫外線から守ってくれる「マロニエエキス」
✓プルプルした唇へと導いてくれる「ウミクロウメモドキ種子油」
といった、唇にやさしい植物由来の美容成分がたっぷりと配合されています。
また、男性に不快感を与えない研究された粘度と、男性への印象を高めて刺激する“フェロモン”の入った、キス力応援コスメなので、実際に<ヌレヌレ>を塗ると、唇に触れた瞬間甘い香りがして男性がキスしたくなる、そんな甘い罠を仕掛けることのできるキス専用美容液となっています。

スクリーンショット-122

 

 

 

 

 

見た目にもこんなに違いが!

ヌレヌレは、キス用グロスではなく、あくまで唇用美容液。
植物由来の美容成分がたっぷり含まれているので、塗れば塗るほど唇がケアされるんです。
ヌレヌレを塗っている時はもちろん、落としてからの唇のことまで考えて作られているのはうれしいですよね。

結局はグロスでなく美容液なので、グロスのように塗りたての状態は長く続きません。が、乾燥したり、皮が剥けることはないです。むしろ、きちんと潤いが唇に入ったことを実感できる保湿力があります。
つけ心地はベタつくことなく、艶感のある唇に見せてくれます。仕上がりはグロス、つけ心地はリップクリームと言えばわかりやすいでしょうか。とにかく軽くて不快感もありません。

口コミではダイヤル式のせいで出し過ぎてしまうという声がありました。2回ほどカチカチとしては塗り、足りないようなもうカチカチして調整してみてください。こちらを塗る前にリップクリームを塗るなど工夫すれば、コスパ面もカバーできそうです。

【ヌレヌレのメリット】
・とにかく香りがいいと大人気!
全5種類の香りに期間限定の香りも定期的に出ているようです。
それぞれに付いているキャッチフレーズがなかなか面白いですね。
香りは万人受けしそうな甘すぎない香りなので、いろんな種類に興味がそそられます。香りで楽しめるコスメというのは、女子は好きですよね♪

・保湿の高さ
口コミではグロスとしての持ちがあまり良くないという声がありましたが、そこは”唇専用美容液”としては当然のような気もします。
大事なのは、グロスのようなぷるぷるの艶が無くなったあと、その潤いはただ消えただけなのか、きちんと唇を保湿してくれたのか、ということ。ヌレヌレは唇に美容成分が沁み渡ったと実感できます。乾燥しません。ちゃんと美容液として働いてくれています。

・持ち運びに便利
細いペンシルタイプで持ち運びしやすいです。もちろんポーチに収まります。リップクリームと比べるとポケット入れておきにくい分は、ややマイナス。が、食事後に1回塗り直せば十分なので問題ないでしょう。
一部で評判の悪かったヌレヌレという商品名も、英語で書かれているのでご安心を(笑)

【ヌレヌレのデメリット】
・成分の一部が不安
植物由来の美容成分が確かにふんだんに含まれています。が、調べてみると、合成ポリマーや合成界面活性剤も使われている模様。
危険と言われている両者ですが、合成ポリマーについては一方で擁護する意見も多く、その真偽は調査中です。合成界面活性剤については、危険としている意見が圧倒的に多いので、特に敏感肌の人は避けた方がいいと思います。

・コストパフォーマンスが悪い
また、ヌレヌレの口コミでも残念だと言われていたコスパの悪さ。まず、1本がお高い。さらにダイヤル式&液体タイプなので、減りも早めです。
リップクリームでまず潤わせたあと、こちらを使うと多量に消費することなくて節約できるのでおすすめ。特別な日につけるなどの工夫をして使うのもいいかもしれませんね。

・早い時間に艶がなくなってしまう
先述したように「グロスでなく美容液」なので、ヌレヌレを付けてから1時間から2時間も経つと「あれ?もうツヤツヤじゃなくなってる?」という状態になります。すごくプルプルな唇になるのですが、その反面飛びが早いのも残念な点と言えるかもしれません。

皆さんも一度使ってみてうるうるつやつやの唇をGETしてみてくださいね♪
公式ホームページはこちらから
↓↓↓

※最近は外箱や外観などもソックリにした偽物や類似品などが大手通販サイトなどでも出回っているそうですから注意しましょう。(偽物には副作用などの恐れもあります!)

スポンサードサーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードサーチ

ページ上部へ戻る