60度の低温で髪をダメージから守る低温ドライヤーできれいな髪に!

スポンサードサーチ

突然ですが、みなさんはドライヤーの熱風がいったい何度かご存知ですか?

一般的にドライヤーのhotモードにおいては、100度~120度くらいに設定されています(5cm程度離した場合)。
これは、日本のJIS規格において、吹き出し口から3cmの場所では、140度以内にしなさいという規定があるからです。

さて、この100度の熱風を髪の毛や頭皮に長時間当ててしまうと、それらの表面温度がどんどん上がっていきます。

すると、頭皮では熱によるダメージが発生し、さらに温度が上昇すると火傷になってしまいます。また、髪の毛の場合は、表面温度が100度を超えるとタンパク質変性を起こしてしまい、髪の毛がぱさついたり、枝毛になったりします。

でも、あまりに低温だと乾かすまでの時間がすごくかかりそう…

そんな悩みを解決してくれるドライヤーがあったんです!

 

私たちの生活において、欠かすことができないシャンプーですが、髪の毛を洗ったあとには、必ずドライヤーで髪の毛を乾かさなければいけません。

しかし、このドライヤーにおいて間違ったやり方を続けると、髪の毛を痛めたり、薄毛になる可能性が増えます。

ドライヤーから出る熱は、80度~140度
髪との距離で温度は変わりますが、常に熱風を当てていると髪の毛はやけど状態になってしまいます。

オーバーヒートになってしまった髪はキューティクルが壊れてしまったりパサついたりとダメージとなって返ってきます。

そのため、乾かす前にしっかりタオルドライをする、髪にタオルを置いて、髪とドライヤーがあまり当たらないようにする…などの工夫が必要です。

 

しっかりとタオルドライをして、正しい方法でドライヤーをすると、髪や頭皮のダメージはかなり減らすことができます。そして、そのダメージをさらに減らしてくれるのが、低温ドライヤーです。

低温ドライヤーというのは、文字通り低温の温風を出すドライヤーです。一般的なドライヤーに対して、この低温ドライヤーは温風が50度~70度位と少し低めに設定されています。

しかも、風量があるために、乾かす時間も一般のドライヤーとそれほど変わらないというすぐれ物です。

この低温ドライヤーは、ヘアモデルの方も愛用されているようで、HPにはその方の感想や掲載された雑誌などが載っていますので参考にされてみてはいかがでしょうか。

髪の毛や頭皮が熱に弱いということは、ドライヤーを使わずに自然乾燥すればいいのでは?と疑問が出てきます。

ですが、髪の毛の自然乾燥は、薄毛や髪の痛みの原因になるので絶対にやめてください。

髪が濡れている状態の時というのは、キューティクルが開いています。この状態におけるキューティクルは柔らかくなっているので、小さな摩擦で簡単に剥がれてしまいます。

すると、髪の中の水分や栄養分が外に流れてしまうので、髪がスカスカになったり、摩擦等によって枝毛になったりしてしまうんです。

また、頭皮においても、水分が残っている状態は常在菌の繁殖が異常に増えてしまい、それが頭皮のかゆみやニオイなどを引き起こし、これらが悪化することで薄毛になったりもします。

髪の毛は必ずドライヤーで乾かさなければなりません。

この低温トリートメントドライヤーは速乾性もしっかりと考えられて造られているようです。

公式サイトに記載されていますが、従来の高出力ドライヤーで乾かすのに「8分57秒」の時間が掛かった髪が、低温トリートメントドライヤーでは「6分33秒」で乾かすことができます。

では、なぜ低温トリートメントドライヤーの方が早く乾かすことができたのでしょうか?

それには3つのポイントがあります。

•1.温風が髪に当たる面積が大きいので素早く乾かすことができる

•2.60℃の温風なので髪の近くでしっかりと風を当てることができる

•3.低温なので通常のドライヤーのように左右に振りながら髪を乾かす必要がない

通常のドライヤーの場合は、約120℃の温風が出る為、髪から20cm近く離してから使う必要がありましたが、低温トリートメントドライヤーの場合は、温風の温度が低いので髪から大きく離す必要もありません。

さらに、左右に振りながら乾かすといった手間も無いので、結果として素早く乾かすことができるのだと思います。

口コミでも速乾性についてはかなりの好評価を得ているようです。

長い目でみると「低温トリートメントドライヤーは髪を傷めないたった一つのドライヤー」かも知れません。

今まで何をやっても髪がパサパサ、手触りがザラザラな人は是非使ってみて下さい。1年後にあなたの髪は劇的に変わっているかもしれません。

低温トリートメントドライヤーは公式サイトでしか購入することができないのでご注意ください!

スポンサードサーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードサーチ

ページ上部へ戻る