横向き寝専用まくら「YOKONE(ヨコネ)」

スポンサードサーチ

東洋医学では安眠を得るために、横向きが理想とされてます。
横向きのメリットとしては、

□いびきの軽減

□睡眠時無呼吸症候群の防止

□腰痛が楽に

□睡眠の質が上がる

ということがあげられます。

WS000950

 

 

 

 

WS000951

横向きに寝るデメリットもあります。
左右不対称性から骨盤の歪みに影響するという事です。

ただ、骨盤の歪みはイスに座ってデスクワークをしたり
足を組んだり、姿勢が悪いだけでも歪みますので
横向き寝での影響は限定的だと言えます。

横向き寝には他にもたくさんのメリットがあります。

 

WS000952

横向きに寝ると脳の「ゴミ」を除去するのに最も適した姿勢であることが
ニューヨーク州立大学ストニーブルック校の研究より明らかになりました。

 

この研究での脳のゴミとはアルツハイマー病などを引き起こす
アミロイドβの事です。

アミロイドβなどの脳のゴミの多くは睡眠時に体外へ排出されます。

この研究では仰向け、横向き、うつ伏せの
3種類の寝方でどの寝方が最も排出が進む姿勢かを調べました。

その結果、横向き寝が最も脳のゴミの排出に
適した姿勢であることがわかりました。

研究者は横向きでの睡眠は人間のみならず
動物においても最も多く見られると述べています。

一般的に寝る姿勢としては仰向けがイメージしやすく
横向きが最も適しているというのは意外だったのではないでしょうか?

ただ、よくよく考えてみれば妊婦さんは横向き寝が多いですし
胎児もお腹の中で横向き寝の姿勢でいます。
横向き寝は身体の負担が少なく自然で楽な姿勢なのです。

 

頭が沈み込む枕は安眠できない?

答えは「安眠しにくい」と思います

思いますと書いたのは決して頭が沈み込むタイプの枕を
否定している訳ではないからです。

私はこれまでに睡眠で悩んでいる方や
睡眠をより良くしたい人のご相談を数多く受けてきました。

学校や大学で睡眠の講座も何度もやらせていただきました。

講座の際に受講者の方に話を聴いてみると
枕の好みは千差万別で、人それぞれ違い
これだけ好みが多岐に渡る安眠グッズは
他にはないのではないかと感じてきました。

硬い枕が好きな人、柔らかい枕が好きな人
高さのある枕が好きな人、低い枕が好きな人
中身の素材も様々な種類があります。

このように様々なタイプの人と枕がありますので
ここでご紹介するYOKONE(ヨコネ)が
全ての方に100%のご満足をご提供できるとは考えておりません。

ただ、私が4年に渡り睡眠や枕を大学や医師と関わり
研究してきた結果、1つの「正しい枕理論」に辿り着き
それを形にした枕がこのYOKONE(ヨコネ)です。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」
 

 

スポンサードサーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードサーチ

ページ上部へ戻る