スポンサードサーチ

『腸内フローラ』という言葉

聞いたことはありませんか?

最近よくメディアに登場する言葉だと思います。

女性誌などでも頻繁に取り上げられ、池上彰氏の番組や「情熱大陸」など複数のテレビ番組で特集されています。

私たち人間の腸内では、実に多種多様な細菌が増殖を続けています。

それら細菌が集まって腸内で複雑な生態系を構築しています。

それが『腸内フローラ』です。

この『腸内フローラ』の状態は生活習慣や年齢、

ストレスなどによっても変化するので人それぞれ全く違うものですが、

一般的には

善玉菌:悪玉菌:日和見菌
2 : 1 : 7

のバランスであるのが好ましいと言われております。

健康な人の腸内では善玉菌が悪玉菌の働きを抑えるバランスが維持されておりますが、

生活習慣やストレス、食生活など何らかの影響で悪玉菌が優勢になってしまう事があります。

その場合は人の健康に有害な物質が増え続けることとなり、

更にはその物質が腸管から吸収され続けると様々な臓器にダメージを与え

最悪の場合ガンなど発生させる原因にもなってしまいます。

つまり、『腸内フローラ』は人の寿命にまで影響を与えるのです。

健康や病気、若さや寿命に最も強い影響を与えているのは腸なのです。

代表的な善玉菌といえば

『ビフィズス菌』

があります。

ビフィズス菌を増やすためにはエサとなる糖分が必要なのです。

一般的なブドウ糖の場合、ほとんど小腸で吸収されてしまいます。

ビフィズス菌がいる大腸まで届かないのです。

しかし小腸で吸収されにくく、大腸のビフィズス菌まで届きやすいという特徴を持っており、

直接ビフィズス菌まで届き、エサになってビフィズス菌を増やす働きをするのがオリゴ糖なのです。

つまりオリゴ糖を摂取する事で、腸内フローラを善玉菌優位の最適な状態に保つ事が出来るのです。

しかし、

「オリゴ糖であれば何でも良い」

という訳ではありません。

ビフィズス菌は体内で実に30種類以上も存在し、
それぞれを活性化させるためのオリゴ糖もそれぞれ種類が違うのです。

市販のオリゴ糖では全てを万遍なくサポート出来る訳ではないのです。

30種類以上のビフィズス菌を万遍なくサポート出来るのは

カイテキオリゴのみなのです。

実は、『カイテキオリゴ』は日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。

くわしくはこちらから↓

スポンサードサーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードサーチ

ページ上部へ戻る