皮膚科でも使われているVMVのココナッツ化粧品の実力

スポンサードサーチ

ここ最近、瞼の赤みが気に合っています。
今までそんなことはなかったのですが、カサカサになって普通の化粧品を付けるとしみたり、化粧をしているとかゆくなったり・・・
これはまずい!といことで、何かいい商品はないかと調べていると、
「皮膚科クリニックでも売られているオーガニック化粧品」
というものが!
これは期待できるかも・・・と調べてみました。




【まぶたの赤みや乾燥】
私たちの皮膚の中で最も薄くてデリケートな部分が「まぶた」。
そんなまぶたですが、特に女性は化粧をしたり、逆に落としたりで刺激を与えがち。
化粧を落とす際にごしごしこすると、負担をかけてしまいます。
また、この時期は花粉などで特に肌がデリケートになっているもの。
気を付けていても、気が付いたら乾燥が進んでいた・・・ということも起こります。

【乾燥肌の人でも使えるVMV】
自分の肌が乾燥・荒れて気が付いたのですが、肌が乾燥しすぎると本当にちょっとの刺激でも辛いもの。
特に化粧水などはしみたりしてしまいます。
仕方がないので、アイメイクだけは必要最小限にして、なるべく刺激しないように心掛けているのですが・・・・

VMVは、そんな肌荒れに悩む人のために作られた化粧品。
皮膚科医であるドクターヴェラロにより、敏感肌、乾燥肌、アトピーの方でも使えるアレルゲンフリーの化粧品として開発されました。

アレルゲンリストをもとに化粧品に使われるアレルゲンを取り除くことで、化粧品で悩まれている方でも使える化粧品ブランドとなっています。

【VMVの特徴】
・四つの国際オーガニック基準をクリア
・皮膚科ドクターが開発し、皮膚科クリニックでも販売されている
・97.30%のピュアリティ(不純物を除去)
・赤ちゃんのスキンケアにも使用可能

ココナッツオイルは万能美容オイルとして近年日本でも注目されています。
ミランダ・カーやセレブ達が愛用しているとの声もあり、そのまま飲んだり、食事に混ぜたりと使用方法は様々。
保湿性・肌荒れやニキビ対策、エイジングケアなど肌につけても嬉しいこと尽くしです。
また、赤ちゃんが使用しても大丈夫なほど肌へのストレスはありません。

VMVではUSDA(アメリカ農務省)の厳格な基準に沿って生産されたバージンココナッツオイルを使用しています。
低温圧搾により熱を加えずじっくり時間を掛けて抽出しているので、肌に良いビタミンや、ラウリン酸などの成分が破壊されません。



ココナッツは天然・有機物のすばらしい成分です。

VMVではUSDA(アメリカ農務省)のオーガニック認証を受け、低温圧搾製法により抽出したバージンココナッツオイルをほぼ全ての商品に取り入れています。
バージンココナッツオイルは保湿性が高く、天然の中鎖脂肪酸がお肌にとても効果的で低刺激。
そのため「アレルギンフリー」を志しているVMVにかなっています。
「アレルゲンフリー化粧品」とは、アレルゲンがゼロ、もしくはほとんど含まれていない化粧品ということです。
使用することによって敏感肌の方でも刺激のリスクを避け、不快な痛みを伴う炎症を起こすことを避けることができます。

公式HPでは基礎化粧品一式が5日間試せるお試しセットがありますので、気になった方は一度そちらを使ってみてください。
肌で悩む皆さんの悩みが解消されますように・・・。



スポンサードサーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードサーチ

ページ上部へ戻る