将来のあなたのために。体にやさしい布ナプキンのススメ

スポンサードサーチ

ここ数年オーガニックなものはすっかり市場の主流を占めるようになってきました。
スーパーでもオーガニックフードや有機野菜の取り扱いが増えるなど、今の私たちの生活に浸透してきています。

そんな中、まだまだオーガニックが浸透していないのが女性の生理用品
一般の紙ナプキンは紙といっても実際使用されているのは石油系素材。ムレやモレを防ぐために工夫されたそれらは決して体にやさしい物とは言えません。実際皮膚が弱い人は長時間着けることでかぶれたりするなどのデメリットも生じています。
そこで近年注目されているのが「布ナプキン」。その名の通り、「布」で作られたナプキンです。
聞いたことはあるけれど、実際使うとなると不安・・・
という方のためにその性能や効果をここで勉強しておきましょう!

着け心地と素材にこだわったオーガニック布ナプキン通販
nunonaの布ナプキン

【布ナプキンとは】
布ナプキンの肌に触れる素材は、普段みなさんが着ている「下着や洋服と同じコットン素材」で作られています。
コットンは木綿植物の種子につく綿毛から作られた素材のことで、製造方法は、繊維を織って作られています。素材そのものの特徴が活きているので、吸湿性や速乾性が良くやわらかいのが特徴です。
生理のときも普段と同じ下着だけでいる状態と同じなので、かぶれ・かゆみの緩和が実感できます。
布ナプキンは漏れそうで不安という方が多数いらっしゃいますが、布ナプキンはビニールを使わず「特別な防水布」でしっかり防水加工をしているので漏れの心配はありません。
私たちが普段使用している紙ナプキンがムレやすいのは「ビニールを使用しているから」なんです。
つまり、常にビニールの下着を履いているようなもの。
それでは体にいいわけがありません。

【布ナプキンのメリットデメリット】

 

 

 

 

 

 

◎メリット

・肌にやさしい
・冷えを防ぐ
・繰り返し使える
・生理痛の軽減
・ダイエット効果
・匂いの緩和

×デメリット
・外で使うと持ち帰る必要がある
・毎回洗わなくてはいけない
・紙ナプキンに比べると防水性で劣る

布ナプキンはコットンでできています。
そのため直接肌に触れてもかぶれにくく、下着を2枚重ねて履く感じになるので体を冷やさずに済みます。
冷えは生理痛を引き起こす要因の一つ。出来れば避けたいものですよね。

また、経血の匂いが気になるという人が多くいますが、実は経血は匂わないもの。
その正体は雑菌の繁殖と、紙ナプキンなどに含まれる科学性物質が経血と触れることにより発生しているんです。
その点布ナプキンはその心配はありません。

デメリットの防水性ですが、どうしても外で替える時間が頻繁に取れない、不安という方は紙ナプキンの上に布製ライナーを重ねて使用すれば肌への負担を軽減することができます。



布ナプキンはコットンを使用していますが、その中でもオーガニックコットンを使うと更に体への負担を軽減することができます。
紙ナプキンに含まれる様々な化学物質、特に残留ダイオキシンが吸収される危険性は20年近く前から問題視されています。ダイオキシンは微量でも非常に強力な毒性を持ち、特に女性の場合、ホルモンかく乱作用が子宮内膜症、死産、流産などを引き起こす原因になることが心配されています。
将来の自分の体のために、そして赤ちゃんのために「布ナプキン」という選択を考えてみてください。

もっと詳しい情報はこちらから↓


スポンサードサーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードサーチ

ページ上部へ戻る